djay2のspotify連携で実際にプレイするときの注意点まとめ

以前下のspotifyとrekordbox、serato djの連携の記事を書きましたが、kobyさんから質問をいただきましたので、調べてみました!

rekordbox、Serato DJとspotifyの連携は可能なのか?

2018.01.28

djay2のspotify連携はオフラインで出来るのか

まず、djay2でspotifyの曲を読み込むときに、オフラインだとどうなるか、機内モードで実験しました。
すると下のようなエラーメッセージがでて、楽曲選択自体ができなくなります。

djay2で初めて曲を読み込むときは、下の画像のように波形が灰色で表示されます。
このときの灰色の波形のところまで読み込んでいます。
たとえば、この状態でネットが切れた場合は、波形の途中までしかプレイできません。

djay2で曲をすべて読み込むと、波形がカラーになります。
この状態でオフラインになっても、内部では曲はダウンロード済みなので、ネットが切れても音は止まりません。
ただオフラインでは楽曲選択自体ができなくなりますので、完全なオフラインでは曲の入れ換えはできません。

djay2で読み込み済みの曲は下の画像のように、楽曲の左側に緑色のラインが入りますが、この状態がダウンロード済みです。
あとdjay2とspotifyの音源は別キャッシュだと思うので、spotifyでダウンロード済みでもdjay2ではダウンロード済みになりません。(確認済み)

なので実際楽曲のダウンロードは可能のため、事前に楽曲を読み込んでおけばオフラインになっても大丈夫です。
ただし、ネットにつながっていないと楽曲の入れ替えは出来ません。

djay2をspotify連携する際の注意点

注意点まとめ
1)spotifyでダウンロード済みかどうかは関係なく、djay2で曲を読み込んでおく必要がある
2)djay2で読み込みをしていない曲は、都度ネットからダウンロードされるため、ネットが切れると読み込めない
3)ネットが切断されると、spotifyの曲を選択できなくなる。

個人的な感想になりますが、spotifyの楽曲読み込みは結構早いので、よっぽどネット環境が悪くなければ差し支えなさそうです。
ただし、ネット環境がなくなると、曲の選択ができなくなるため、音は確実に止まりますので、そこは注意ですね。(一応自分のitunesライブラリを利用すれば音は流せるので、ネット回復までの応急処置はできます。)
iphoneでプレイする際ですが、携帯の回線とWifiどちらもない状況は稀なので、プレイする曲をある程度決めて準備しておけば、わりと問題なくプレイできそうだなと思いました。
ipadの場合は、Wifiが切れた場合も想定して、itunesに楽曲をたくさん入れておくと安心ですね。

ここまでできれば十分に実用範囲だと思います。
serato dj、rekordbox djにこの機能があれば、本当に革命的だと思います!
やはり曲の仕込みが要らなくなるというのは素晴らしいです。

あとはdjay2の機能面の問題ですが、今後以下の点が改善できたら良いなと思います。

1)CUEの曲だけヘッドホンで聞けないため、耳でのBPM合わせが困難
2)spotifyの曲はDJ用音源ではないので、基本イントロがなく、ミックスはやりにくい
3)HOT CUE、MEMORY CUEが使えないため、EDM、Houseなどのジャンルのミックスが困難

たぶん上の項目が改善されたらDJ用の新たなツールとなりえますが、上記の3項目はわりと重要なので、本格的にDJをする場合は、やはりserato djやrekordbox djになりそうです。

djay2とspotifyの連携は膨大な楽曲を手軽にDJできるので、プレイ感はとても新鮮でした。
今後レコードプールとDJソフトの連携が強まれば、より充実したDJプレイができる日が来るかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)